(連載)田舎暮らしのための意識改革−(1)自己責任による心身の健康管理 

 古佐小ファームでは、農業分野での自給自足だけでなく、生活に必要な物品やサービスをできるだけ持続的に自給できる「持続可能性の高いライフスタイル」を目標にして、能力開発と環境整備を行っています。そのために、まず最も重要なことは、自分自身が持続可能であるということです。つまり、活動の主体である自分自身が、健康で高い生産性を継続的に維持できる状態にあるということです。それがないことには、持続可能性の高いライフスタイルを築くことなど不可能です。

 ということで、最初の提言は健康に関するものです。
 
 とにかく、健康で、元気に活動することができ、日々自分が成長し続けているという実感があれば、どこでどのように暮らしていても、生きる希望と喜びを感じることができます。逆に、健康が損なわれたら、健康の回復という急務のために活動が大きく制限されてしまいます。特に肉体系の労働の多い田舎では、長期の闘病は死活問題ともなりかねません。慢性的な疾病による医療への過度の依存がある場合も、医療サービスを受けることが難しい田舎に暮らすことには、不便さとともに命のリスクも伴います。

 仕事での生産性と効率性を得るために健康をかえりみず働きまくり、…

Read more

(連載)田舎暮らしのための意識改革ー前書き 

 COVID-19の国際的なパンデミックに伴い、人口が密集し感染のリスクが大きな都会では、大幅な生活行動の制限が強いられています。そのような中、人口密度が低く、人の移動が少なく、食料や水などを地産地消で自給できる可能性が高い田舎での生活が見直されています。しかし、都会生活しか経験していない方にとっては、田舎での生活でのメリットとデメリットを具体的にイメージすることは難しく、実際に移住ということになると、二の足を踏んでしまう方がほとんどだと思います。

 アメリカのカリフォルニア州の内陸部、シエラネバダ山脈山麓の町から50キロほど離れた田舎に暮らしてみて、都会から田舎への移住を実りあるものにするためには、収入源の確保や生活環境の整備もさることながら、意識の改革が最も大切だと感じています。都会生活での価値観を田舎での生活に持ち込むなら、すぐに失望と挫折を味わうことになってしまうからです。

 本ブログでは、都会から田舎への移住を成功させるために必要な意識改革をテーマに、10回にわたって連載いたします。

本連載の概要

 長年都会で暮らしていると、田舎での生活に憧れを感じるものです。きれいな空気、青々とした木々、爽やかな風、…

Read more

今回のアメリカ大統領選挙にみるアメリカ人の気質 

今回の選挙の特徴は、国を2分するような意見の対立。

そもそも、なんでトランプはそれほど人気があるのか?

下品で乱暴な印象が強烈なトランプ大統領は、日本人の感覚としては、国民の代表としての大統領にあるべき品格を欠いている人物と感じられ、上品で政治家としての節度が感じられるバイデン氏の方がより大統領にふさわしいと思われるが、実際には、今回の選挙で現時点の集計では47%以上の支持を得て、得票数ではバイデン氏と共にアメリカ大統領選挙の記録を塗り替える得票数を得ている。つまり、トランプ氏は、実際に人気がある。

 熱烈なトランプ支持者のメンタリティーは日本人には理解しにくいところはあるかもしれない。以下に、トランプ氏が多くのアメリカ人好かれるポイントをまとめてみた。

1)暴言、失言、事実に基づかない発言、ハッタリ、悪口など、政治家にあるまじき態度。
 言いにくいことをはっきりと言う小気味の良さ。元々、リアリティーショーのホストとして、歯に衣着せぬ物言いが人気だったタレントとしての側面もあるので、暴言や失言自体が売りになっている。暴言で有名だったハマコーさんが人気があったのとちょっと似ているかも。

2)「自分は政治家ではない」とい…

Read more

新アルバム アメリカでリリースしました。 

 去る10月20日、自分のリーダーバンド, KoMaGa Trioの新作アルバム"Foxing Hour"をリリースいたしました。

世界トップレベルのアーティストを起用した画期的なジャズハープのアルバムです。

 

 現在、日本でのリリースに向けて準備中で、早ければ1月27日には日本国内の流通でもリリースできる予定です。

アメリカのサイトからは、視聴+ダウンロード可能です。

 

Foxing Hour, by KoMaGa Trio8 track albumkomagatrio.bandcamp.com

 

 

KoMaGa Trio - MusicKoMaGa Trio music. Foxing Hourkomagatrio.com

 

 

 iTuneからもダウンロードできますよ。

 

 

日本でのCDの宣伝文句はこんな感じです。

 

 「世界のジャズハープを牽引する日本人ハーピスト、古佐小基史のリーダーバンド、KoMaGa…

Read more

ご無沙汰してます…(近況報告) 

 ブログはしばらく怠けておりましたが、クリエイターとしての活動は活発に続けておりましたので、近況をご報告させていただきます。

 

 5月より始めた日本向けYouTubeのチャンネル「ぴおちゃんねる」でのビデオ製作や生ライブ配信、英語で配信しているYouTubeのMotoshi Kosakoチャンネルでのコンテンツ作りで忙しくしております。

 昨年結成したバンドKoMaGa Trioのウェブサイト、CDダウンロードのサイトも開設し、10月20日より新アルバム"Foxing Hour"をリリースしました。1月下旬には日本でもレコード店、アマゾンなどのネットショップで輸入盤として発売になる予定です。

 

 11月に入ったら、文章を書く時間も見つけてブログも定期的にアップしたいとおもっております。引きつd吹きよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

https://www.youtube.com/channel/UCPGwhhkigLUrCYYM2X-tyGg

 

Place in Our Heart Channel‐ぴおちゃんねる‐2017年にハーピスト・古佐小基史と俳優・佐藤靖朗で立ち上げた朗読劇Project。

戦争の抑止における良心の役割(2) 

(終戦の日、原爆投下など、戦争のことを考える機会の多い8月。戦争に関する過去の投稿を加筆修正して掲載しています。)

 

 人類には、「環境へ適応し生き残るために、他の個体との共存せねばならない」という、生存のためには覆せない大前提が課せられています。そのため、本能的に共同体、生態系、自然環境など人類が属する「全体」との相対的な関係の中で、調和という最も最適な選択を判断できる知性の一つとして、「良心」という機能が発達したのではないでしょうか。

 

 良心が考慮できる「全体」の規模は、良心の発達状態の程度によって、自分自身に関わることのみを考慮できる段階から、属する共同体全体のことを考慮できる段階、人類全体を考慮できる段階、人類が属する生態系全体を考慮できる段階、地球を考慮できる段階、太陽系を考慮できる段階、銀河系を考慮できる段階、宇宙全体を考慮できる段階まで拡張することが可能です。言うなれば、「生物としての生存本能」から、「すべてを包み込む神のごとく思慮深い愛」に至るまで、非常に幅の広い良心のバリエーションがあります。良心の発達の度合いには個人差があり、自分のことしか考慮できない利己的な個人もいれば、一方で人類全体…

Read more

戦争の抑止における良心の役割(1) 

(終戦の日や原爆投下など、戦争のことを考える機会の多い8月。過去の戦争に関する記事に加筆修正して投稿しています)

 

 中東、アフリカ、ロシア、中国の国境付近、朝鮮半島など、世界各所で紛争は止むことを知らず、こうしている瞬間にも世界各地で銃弾やミサイルが飛び交い、多くの生命が失われている状況にあって、どのような国家であっても、今後武力紛争に巻き込まれない保証など全くない、という厳しい現実を認識させられる時代になっています。日本周辺でも特定アジア諸国との間にきな臭い紛争の火種がくすぶり始めています。

 

 このような情勢の中、先の大戦を経験した世代の方が高齢となり、戦争の悲惨さを直接次の世代に伝える人材が少なくなったこと、また戦争を知らない世代がリーダーシップをとるようなったことなどを、世界的な紛争傾向の理由とする議論を耳にすることも多くなりました。確かに、戦争の悲惨さ、虚しさの実体験は、戦争抑止に大きな影響力を持っていると思われます。特に、その世代が社会的リーダーとしての役割をになっている間には、その抑止効果は非常に大きいと考えられます。

 

 しかし、もし戦争を直接経験することが、その世代が戦争に再び足を踏み入れな…

Read more

Find me at

Email Newsletter

Are you interested in signing up for Email List?

Email Newsletter

Upcoming Events

Previous events

CANCELLLED: Motoshi Kosako(harp) & Michael Manring(fretless bass) duo Home Concert in Sacramento

 —  —

Private home

Motoshi Kosako(harp) & Michael Manring(fretless bass) duo Home Concert in Sacramento March 29th (Sun)
Door opens: 4:00 Concert starts: 4:45 ~ 5:00 Post-concert potluck reception: around 6:45~ We provide some drinks and finger foods. This is casual & intimate event. Your contribution for potluck will make our party more fun! [Donation] $20.00 (25 seatings only!) [Reservation] valerie@valsvocals.com / (916) 205-4001 (Valerie) [Location] Near Cal State Univ. Sacramento. We provide the detail information of the location upon the reservation.

CAMCELLED : Jazz Harpist Motoshi Kosako with Veridian Strings Quartet-

 —  —

Unitarian Universalist Community of the Mountains (UUCM), 246 South Church Street, Grass Valley

Jazz harpist / composer Motoshi Kosako and Veridian Strings Quartet present a unique and varied program of Jazz-influenced and classical crossover works! From spicy arrangements of The Penguin, a Scott Raymond favorite, an original from Jeremy Cohen, to Harp Improvisations and 5 original works by Motoshi for Harp and String Quartet! 

advance: $20 adult at door: $25 student: $15